新米母bukoのテキトウ備忘録

アラサーぐうたら主婦です。2016年9月1日に妊娠が発覚しました。 母になるため勉強中ですが、物覚えが悪いので、備忘録としてこのブログに記録できればと思います。 2017年5月に第一子を出産。里帰りはせず育児奮闘中。

【抱っこ紐レビュー】スリーピーラップで抱っこがとても楽になりました

こんにちは。

新米母bukoです。

今日はタイトルの通り、新たに買い足したスリーピーラップについて。

 

結論から言いますと…

 

買ってよかった( ;∀;)

ありがとうスリーピーラップ様( ;∀;)

 

というくらいよかったです。

 

スリーピーラップとは?

私も知らなかったのですが、

5メートルくらいの長い布で赤ちゃんを巻くもので、

有名どころだとボバラップとか、モービーラップというのがあります。 

BOBA Wrap Grey

BOBA Wrap Grey

 

 

スリングとは違い、

両肩と腰で支えることができるので、

かなり大きい子でも楽々抱っこできるようです。

 

これを知ったのは、

たまたま近所の助産院で「抱っこ講座」というものに参加した際に、

いろいろな抱っこ紐を紹介してもらいました。

 

その時はモービーラップでした。

一目見て、「これ絶対に楽なやつ!!」と思い、

講座が終了した時に、

「試しに息子を抱っこしてみたいのですが!!」

と自ら講師の方にお願いに行きました。

 

そして試した結果、

予想をはるかに上回る楽さでした。

自分のTシャツにピッタリ息子がくっついているような感覚で、両手が楽々使えました。

 

 

スリーピーラップ最大のデメリット

それはたった一つ、

 

暑いということです。

 

そりゃそうですよね。

こんな5メートルもの布体に巻きつけた上に、

中に入れるのはホッカホカの赤ちゃんです。

 

モービーラップを試した際も、

「けっこう厚手の布だな…」ということは思いました。

ボバラップのほうはわかりませんが。

 

これが冬なら迷わず即買いするのに…

 

と思いながら、

試してからしばらくは購入せずにいました。

 

息子3ヶ月を目前に二の腕が限界に

もう毎日毎日、

来る日も来る日も抱っこ抱っこで、

息子は可愛いのですが、

その頃すでに6キロ近く。

 

元々筋力なかったので、

毎日6キロの物体を持つなんて、

もはや体は限界でした。

 

あ〜やっぱりスリーピーラップ買うべきかな…

でも暑いの嫌だし…

安くても数千円するし…(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

 

と悩んでいた時、

Amazonでこんなものを発見

 

 

モービーでもボバでもない?

なんか少し生地もショボ薄そう。

しかも値段も安い!!

もうこれ買うしかなくない?!

 

と真夜中授乳中にポチりました(笑)

 

次の日届いて即開封。

即使用。

 

感想は

 

やっぱり楽!!!

買ってよかった!!

しかも安いせいか生地もショボ薄いので、

思ってたより暑さもマシでした。

 

使ってみてからわかった二つのデメリット

5メートルと長いため外で使うには不向き

一度外すとまた巻き直しなので、

少し面倒、というか、

5メートルの長さなので、

野外で巻き直しはちょっと無理があります。

 

なので家の中や近所をお散歩する程度の使用が、

一番使い勝手がいいかな〜と思います。

 

抱っこで寝た際下ろすのが少し難しい

エルゴは後ろ外すだけで、

すぐ赤ちゃんの全貌(笑)が現れますが、

スリーピーラップはもうピッタリと密着しているので、

赤ちゃんを出すのに少々コツがいります。

 

初めの頃慣れるまでは、

下ろすときオロオロしてしまい、

結局息子が起きてしまうという…

 

最近はだいぶコツを掴んできて、

成功率は上がってきましたが。

 

まとめ

ということでスリーピーラップは神的に抱っこが楽になります!!

ただし以下のように使い分けています。

  • スリーピーラップ:家の中、近所(徒歩圏内)
  • エルゴ:お出かけ用

 

参考

スリーピーラップ基本の巻き方はこちら 


Sleepy Wrap (スリーピーラップ)基本の結び方 Sleepy Wrap - Basic Tying Method


Sleepy Wrap (スリーピーラップ)定番の抱き方 Sleepy Wrap - Love Your Baby

 

モービーラップはこちら 

 

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ
にほんブログ村