新米母bukoのテキトウ備忘録

アラサーぐうたら主婦です。2016年9月1日に妊娠が発覚しました。 母になるため勉強中ですが、物覚えが悪いので、備忘録としてこのブログに記録できればと思います。 2017年5月に第一子を出産。里帰りはせず育児奮闘中。

魔の3週目が辛かったです

お久しぶりです。

初めての育児にまだまだ日々奮闘中ですが(´ω`)

息子もなんだかんだ2ヶ月と少しの月齢になり、無事に成長しております。

 

今日はタイトルの件について。

「魔の3週目」…もっと早くこのことを知っていたら気持ちの面でどれだけ楽だったろう、と思いました(´・ω・)

 

 

退院直後の息子の様子

退院後は産院にいたときのように、授乳→寝る(約2〜3時間)の繰り返しだったので、

私も息子が寝ている間は寝たり、少しゆっくりぼーっとしたり、と過ごしていました。

ほとんど授乳で寝るので、当然寝かしつけというほどのことも必要なく、寝たらベビーベッドに置いていました。

 

ある時から背中スイッチ発動

今思えばこれが3週目あたりだったような気がします。

 

いつも通り授乳で寝たのでベビーベッドに置こうとすると、置いた瞬間目を開け泣く。

もう一度抱き上げ背中トントンしてあげながら寝かしつけ、またベビーベッドに置こうとすると、また置いた瞬間に泣き叫ぶ…

 

この繰り返しで1日が終わりました。

今日は虫の居所が悪かったのかな…と思ったのですが、そこから抱っこしていないと泣くようになってしまいました。

 

ついには授乳で寝なくなる

「授乳すれば赤ちゃんは寝る」、と思い込んでいたので、授乳しても全く寝なくなり、抱っこばかり求める息子に不安を覚えました。。。

 

私の母乳がおかしいのか…

私が抱っこばかりしてたのがいけなかったのか…

 

そして最終的に一晩中抱っこしてなければ寝ない日まで出てきました。

 

朝起きてきた夫の顔を見て、

出産後初めて涙が出ました。

イライラというより、私が何か間違ったことをしてしまったんじゃないか、私のせいで息子が眠れないのではないか…と追い詰められてしまいました。

 

この時、実母が週一ほど来てくれていたので、

母が来てくれた日にやっと睡眠をとることができました。

久しぶりに3時間ほど連続して寝ることができ、

頭の中がスッッッッキリ!!としました。

 

その時母に、

「赤ちゃんってこんなものよ」

と言われ、「私のせいじゃなかったんだ…」と

とてもホッとすることができました。

 

その後については、

人間不思議なもので、

不安さえなければ、睡眠不足だろうが疲れていようが、とりあえず乗り越えられるものです(*´-`)

 

昼夜を区別できるようになる

そして1か月健診を終えたあたりから、

息子は完全に昼夜を理解したのか、

夜は背中スイッチをあまり発動させずに布団の上で寝てくれるようになりました。

そのかわり日中は、今でも抱っこ抱っこで、背中スイッチ発動しっぱなしですが(笑)

 

最近は日中抱っこしながら私もソファで座って寝る、という荒技を覚え(笑)、睡眠時間は割と確保できています。

 

最近になって「魔の3週目」という言葉を知る

もっと早く知っていれば、自分を責めるようなことをせず、きちんと乗り越えられたのにな、と思いました(;ω;)

あの時は夫にもかなり心配をかけてしまいました。

 

赤ちゃんも十人十色で、全ての子に当てはまるわけではないと思いますが、

こういうこともあるんだ、と事前に情報として頭に入っていれば。。。

 

 

ということで、まずは「魔の3週目」を乗り越えた(?)話ですが、息子ももうすぐ3か月…また新たなことが起こるのか?!と少しドギマギしています(´-ω-`)

 

 

 

また変にくよくよしないよう、心の準備はしっかりしておこうとおもいます。